忍者ブログ

とある帝國の帝王様の単なるひまつぶし(自己満足)日記 コメントよろしく!
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[02/20 VaizravaNa]
[01/24 名無し]
[01/24 警視総監]
[12/31 楽園の最高裁判長]
[12/28 楽園の最高裁判長]

12.16.04:51

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 12/16/04:51

08.30.20:15

BGM №12 +α

なんか、スネ夫ブーム到来の予感



んなことどうでもよくなったんだ

なんとなんとヤマイさんが Just Be Friends

歌ってくれたんだよおおおおおおおおおおおお

鳥肌がすごいことになってね、見てて気持ち悪くなるぐらいに








ありゃ 三つ貼ってしまった

ヤマイさん早く紹介したいぜ

まだ先なのかなー





ほい、今週のBGMは プレインエイジア




けーね のテーマですね

上白沢 慧音

ワーハクタク(人狼の白沢版)。生まれながらの獣人ではなく、元は人間だったが何らかの原因によって獣人になったらしい。普段は人間の姿をしているが、満月の夜になるとツノと尻尾が生えて体色も変化する。

人間を好み、現在は里の子供たち向けに寺子屋を開いているが、宿題を忘れると頭突きをするという。白沢になったときには幻想郷中の知識を持ち、幻想郷の歴史の編纂作業を行なっている。作業可能な時間が限られているため気が立っており、不用意に近付くとツノのある頭で頭突きをされる恐れがあるという。

『永夜抄』の3面では主人公たちが里を襲いに来たと勘違いし、彼女の持つ「歴史を食べる(隠す)程度の能力」で里の歴史を「食べて」里を隠した。倒されたあとの会話で、満月を隠した犯人である永琳を知っているようなそぶりをみせる。

『永夜抄』Extraステージでは、「あの人間」の護衛のために、変身した姿で登場する。「あの人間」が誰なのかは明言されていないが、『永夜抄』でこの会話の後に現れるのは妹紅である。『儚月抄』により妹紅と慧音の関係が確定され、慧音は妹紅にとって数少ない理解者であることがわかった。妹紅によると、慧音は中性的な話し方をするらしい。


アレンジあんまりなかったんで今回はなし


画像いってみよー

21dbe39f.jpg


























98f35018.jpg

































ec67ba3f.jpg

































6b3236de.jpg

































c3008f87.jpg

































0f3ec57f.jpg
























4efbe0ef.jpg

































017109c8.jpg





























さーてさて 忙しや忙しや

(´・ω・`)ノシ バイバイ

PR

無題

たしかにプレインエイジアのアレンジは少ないな

  • 2009年09月03日木
  • 楽園の最高裁判長
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら